045-834-9033
MENU

欠損補綴|たなべ歯科クリニック|鶴見駅の歯科・歯医者

欠損補綴

Prosthesis

欠損補綴

Prosthesis

歯を失った部分について

虫歯や歯周病などで歯を失うことがあります。
私達は、決してそのままにはしてほしくないと考えています。
お口の中の歯並びやズレなどの変化に気が付いた時には、大きく歯を削ることになったり、
専門的な矯正治療が必要になることもあります。
理由は、下記のような変化が気付かない間に起こるからです。

歯を失った部分について

放置すると噛み合わせのなくなった反対側の歯が突き出してきたり、
隣の歯が倒れ込んできて歯並びが悪くなります。
それにより顎に負担がかかるため、顎関節症を引き起こしたり、
肩こりやめまいなど全身の不調につながることもあります。

歯を失ったままでも、不自由を感じない方もいらっしゃいます。
ただ気が付かないうちに、反対や近くの歯への負担も増え歯の寿命を縮めることにもなるので、お口全体のバランスを保つためにも出来るだけ早めの診査・診断、治療をお勧めいたします。
失った部分の治療法は3つあり、ブリッジ・入れ歯・インプラントが挙げられます。
どれを選択するかは、治療内容の違いや近くの歯の状態や咬み合う歯の状態にもよります。
大切な歯のことですのでお気軽にご相談ください。

それぞれの治療法の違いをご説明します。

ブリッジ

ブリッジ

なくなった歯の両隣の歯を大きく削って、
そこに橋を渡すように人工の歯をかぶせつなげる治療法です。

メリット

  • 固定式なので、異物感が少なく固いものでも噛むことが出来ます。

デメリット

  • 支えになる歯を、健康でも大きく削る必要があります。
  • 神経を抜くこともあります。神経を抜くと歯が脆くなります。

メインテナンス

両隣の支える歯は虫歯や歯周病になりやすいので汚れを除去し、歯と歯の間の人工の歯の下は掃除しにくいので、汚れが溜まりやすく口臭の原因になることがあります。定期的に汚れを取ることは大切です。

入れ歯

入れ歯

入れ歯には、全部入れ歯(全ての歯がない場合)と部分入れ歯(一本でも歯が残っている場合)の2種類があります。
全部入れ歯は、全体を大きな入れ歯で覆います。
部分入れ歯は、歯の抜けた部分に人工歯入れ、残った歯とバネをかけて支えます。
入れ歯の隙間に食物や汚れが溜まるので、お食事の度に外しての掃除も必要です。

メリット

  • 1歯~多数歯の欠損まで、全ての症例で適応可能です。
  • 残っている歯をほとんど削らずに治療出来ます。

デメリット

  • 異物感が大きく話しにくいと感じたり、お口の中に違和感を感じる人も多くいます。
  • ガタついたり、大きくお口を開けると外れたりします。
  • バネをかけている歯に負担が大きく、歯の寿命が短くなります。
  • 噛む力が弱くなり今までと同じように強く咬みにくいので、食べるものも選ぶ必要があります。

メインテナンス

咬み合わせバランスをみて、バネがかかる歯の力の負担を少しでも減らし、残っている歯の負担を最小限にコントロールすることも大切です。バネがかかっている歯はとても虫歯にもなりやすいのでしっかりと歯ブラシをすることも重要です。

インプラント

インプラント

顎の骨に埋入したチタン製の人工歯根に土台、被せ物をつくる治療法です。
残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありませんので、
隣や他の歯に負担をかけないため周囲の歯に優しい治療です。

メリット

  • 天然の歯と同じ様に骨に固定するので固い物でも噛むことが出来ます。
    見た目も天然の歯とあまり違いがありません。
  • 周りの歯を削る必要が無く、また残っている歯に全く負担をかけません。

デメリット

  • 全身の疾患がある場合は出来ないことがあります。
  • 保険適応外です。
  • 来院回数は少ないですが、治療期間が長くなります。

メインテナンス

インプラントは、虫歯にはなりませんが、
治療後、歯ブラシが不十分だったり、メインテナンスを受けていないことで、
インプラントも歯と同じように周囲に炎症を起こすことがあります。
インプラント周囲の炎症は、自然に治ることはなく炎症は加速しやすいため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。

インプラント治療は、正確な診査・診断とメインテナンスが重要です。

どの治療がより良いのかは、患者様個々により治療内容のメリット、デメリットも異なります。
近くの歯の状態や咬み合う歯の状態にもよりますので、お気軽にご相談ください。